スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ホテル・ハイビスカス」 (2002)

2007–06–03 (Sun) 18:46
ホテル・ハイビスカス

製作年度 2002年
製作国 日本
上映時間 92分
監督 中江裕司
原作 仲宗根みいこ
脚本 中江裕司 、中江素子
音楽 磯田健一郎
出演 蔵下穂波 、照屋政雄 、余貴美子 、平良とみ 、ネスミス 、亀島奈津樹 、和田聡宏 、登川誠仁 、大城美佐子



「恋しくて」の中江祐司監督。


多分コレ観て、「恋しくて」を観るとおもしろい。
たとえば“屁”はどーにも好きなんですね。
とか。
夜明けで真っ暗の部屋が序々に明るくなっていくイメージも好き…というか少なくとも「恋しくて」でちゃんと撮り直したかったんだろうな。
とか。


story
小学3年生の美恵子は沖縄のホテル・ハイビスカスの元気娘。
森の精霊キムジナーを探しに小さな旅にでる。


ホテル・ハイビスカスの人たちの小さなエピソードを半オムニバスチックに綴っています。

とにかく美恵子も、お母ぁも、にぃにぃも、ねぇねぇも出てくる人たち片っ端からハイテンションで観てるだけで楽しくなります。
大人し目でお父も、ナイスなタイミングでカツラを落としたりw、いいキャラだしています。
(そう、カツラが坂道をフラフープが転がるように走っていくところ、そしてカツラからお兄ちゃんの走りにバトンされるところは名シーンです。
あれはスゴイ。)



なるほど、この映画は原作ありなのですね。
マンガみたいですね。

そのおかげかどうかは知りませんが、「ナビィの恋」、「恋しくて」に比べると映像的にもいろいろ攻めてる感があって、ちょっと印象が違う出来になってますね。
惜しむは、我が家の近くのTSUTAYAにはDVDが置いてなくって、VHS鑑賞となったんですが、しかしこれが仇となりました(汗。
当然、VHSの方が画質が悪いわけですが、この映画はとにかくロングショットが多い
なんで顔とか仕草とか見えない、見えない。


多分、監督が今回、自分に課したミッションは「人物とカメラとの距離」との葛藤、なんじゃなかったでしょうか。
例えば、行き倒れてハイビスカスに拾われた青年が、ホテルの前で手紙を受け取るシーン。
①手紙を受け取って、②その内容を読んで、③読み手が何かしらアクションを起こす。
こんな一連の流れの動作を示す映像でよくあるのは、だいたいは手紙を開封して読む人の全身(もしくはバストショット)を映しておいて、その後、手にしている手紙の文面のカットか、あるいは読んでいる人の顔のアップにつなげるのが常套でしょうか。
手紙自体を強調したければ手紙のカットだろうし、読み手の心情が大事なら表情のカットになるんでしょう。

しかし、このハイビスカスでの手紙を受け取るシーンは、ロングショット。
VHSだと何してるのか良く見えないかもしれないくらいの。
しかもカット割らず、手紙を読み終えてホテルの中に入っていくまでワンショット。
この映画が特殊だとかいうわけでもなく、他の映画でも見られる手ですが、つまりここで言いたいことってのは、
この映画は、人物とカメラの距離をとても意識していて、カメラを近づけたい衝動、あるいはカットを割る衝動を抑えながらつくったんだろうなっつーことですね。



まーね、ちょっと意識しすぎなとこはあるけどね。

スポンサーサイト

« 「ナビィの恋」 (2006) | HOME | 

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

「-」

管理人の承認後に表示されます …

トラックバックURL

http://mrsrobinson.blog107.fc2.com/tb.php/51-8fa1ab99

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。