スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「エリザベスタウン」 (2005)

2006–07–16 (Sun) 03:57
相変わらず音楽のチョイス最高すぎです。鳥肌が立ちます。


story

すべてを失ったひとりの青年の再生への旅を描いた感動作。会社をクビになり、恋人にも捨てられ生きる望みを失ったドリューの下に、父の訃報が届く。彼は父の葬儀のため、エリザベスタウンへと旅立つ。
(ぽすれん)





キャメロン・クロウ監督大好きです。とにかく音楽のセレクトと使い方がツボ。ナレーションをよく使うけど、回想的じゃないところも好き。とにかくこの人の作品の色が好き。


で、劇場行こうと思ってたけど、どうもラブ・ストーリーはスルーする癖があるので…結局DVDで。


で、…DVDで正解かしら…。今作も音楽はすんばらしぃ。でもなぁ…それだけかしら…ラブ・ストーリーが好みじゃないせいかもしらんが。

はっきりいって最後の30分のロード・ムービーの部分だけでよかったんちゃうか?っつーか監督これ撮りたかっただけとちゃうか?

と思っちゃった。


前半がとにかく見れない…

設定の無理さはぜんぜん構わないんですけど…とりあえず、主人公の落ち込みがよー伝わってこない。クビになって、自殺するとこまでがものすごく軽い。親父を引き取るやり取りもイマイチ。軽いのはこの監督のいいトコなんだけど…結局軽く撮るしかできない人だったのね…って感じ。そういやバニラ・スカイも…(ry
おかんのタップダンスがイタイと思ってしまうのは日本人だからなんですかね?オレだったら“おかん~急に出てきて…頼むからやめてくれ~”って心で叫んじゃう気がします。


とにかく監督。脚本のミスチョイスだと思います(なんと高慢な)。

とあるレビューの“この映画はファンタジーだ”っつーのはかなり納得かも、なるほど。

最近、ハリウッドって“成功よりも小さな幸せ”的な映画多い気がするのはボクだけでしょうか


エリザベスタウン@映画生活
スポンサーサイト

« 「穴-hole」 (2004)  | HOME |  「パラサイト・イヴ」 (1996) »

コメント

オーリーが知恵遅れ!

これにつきますよ、この映画は。
>最近、ハリウッドって“成功よりも小さな幸せ”的な映画多い気がするのはボクだけでしょうか
いいえ、あなただけではありません!!
それにアメリカはもう「アメリカン・ドリーム」なんて信じてないのですよ、きっと・・・

>チュチュ姫さん
確かにあの自殺方法はアホ極まりないですねw
いやこの映画はきっと完全なファンタジーなんですよ。だからオーヴァーアクトだし、オーランドのアタマにお花が咲いてるし。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

「オーリー、キモくないか?! 『エリザベスタウン』」

Elizabethtownなんだこりゃ?!って感じでしたよ。ちょっと抜けた感じの笑いが欲しかったのだろうけど、単にバカバカしい。音楽とかも狙い過ぎ。自殺しようとして、サイクリング・マシーンに包丁つけるところなんかア  …

トラックバックURL

http://mrsrobinson.blog107.fc2.com/tb.php/364-520ce5fa

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。