スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「日本沈没」 (1973)

2006–07–16 (Sun) 03:56
リバイバルされるらしいですね…草薙くんで。

日本沈没

製作年度 1973年
製作国 日本
上映時間 140分
監督 森谷司郎
原作 小松左京
脚本 橋本忍
音楽 佐藤勝
出演 藤岡弘 、いしだあゆみ 、小林桂樹 、滝田裕介 、二谷英明

story

小松左京の原作を、藤岡弘主演で映画化したパニック大作。深海潜水艦・わだつみの操舵士・小野寺俊夫と田所博士は、日本が沈没するほどの海底異変が起きていることに気づく。

(ぽすれん)



むむ~おもろいぞ。


ただのパニックじゃなくて、かなり社会派です。


これ原作がもともとあって、それをマンガ、ドラマなどマルチに制作して売り出したようで、この頃からそういうのあったんですね。


30年前の映画なので、もちCGなんて無いわけで、所謂特撮なんですが…地震災害、噴火、津波などなどに人が逃げ惑い死んでいく場面は、かなり怖かった…。
どうもこういう特撮の終末の世界って子供の頃に見て、かなりトラウマになってるようです。
他の人が見てどう思うかしらんけど、オレはカナリドキドキしながら見てました。ヘリが落ちる場面以外はw


こういう映画ってとっても好きです。ただのパニックにしないで、時間かけてでも(2時間ちょいかな?)がっぷりよつに組んじゃるっていう意気を感じます。適当な濡れ場も入れながら、でもとってつけたのじゃないし。混乱した国民を制圧する機動隊、それに防衛とは一体なんなのか?国民を守るためのものではないかと自問する山本総理…ん~、今の大衆向け映画とは一味違うな。

田所雄介博士、潜水艇乗りの小野寺、山本総理、中田一成秘書官などなど主要人物だけでもかなりの数なのに、この人たちの人間ドラマをきっちり描いています。山本総理(丹波哲郎)の涙を浮かべるシーンは凄すぎます。


しかし、この頃から日本の災害対策って進んでんしょうかね?未だに東京に地震きたら一発な気もしますが…


一番感動したのは中田秘書官、二谷英明さん。この人知る人ぞ知る刑事ドラマ“特捜最前線”の課長?演じてた人。オレこれむちゃくちゃ好きだったんすけど、この人見た瞬間もうそれだけで感動しちゃいました。

かっこよすぎ。

特捜最前線エンディングテーマ“私だけの十字架”今でもそらで歌えるし。

HMVで視聴したら涙が出てきたし。

こんどカラオケ行ったらぜってぇ歌うぜ。



んん~それにしても草薙は…藤岡弘の役どころ?想像できん…


日本沈没@映画生活


ほかのレビュー:猫姫じゃ/日本沈没(1973年版) 06年158本目
勝弘ブログ/日本沈没(1973年)
スポンサーサイト

« 超バカの壁 | HOME |  「穴-hole」 (2004)  »

コメント

こんにちは!

TB&コメ、ありがとうございました!
このころの娯楽大作って、ああいう濡れ場シーン、必ずいれていたのでしょうか??
樋口版、まだ見られてなかったですか?
ラストが違うので、受けるメッセージが今風でした。
是非、比べてみてください。

TBつけまくり失礼しました。

>猫姫少佐現品限りさん
リメイク版はあまりに評判が悪いのでスルーしてたんですよね…MOVIXポイントが貯まってるから行こうかしら

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

「日本沈没(1973年版) 06年158本目」

日本沈没 1973年版1973年  森谷司郎 監督  橋本忍 脚本藤岡弘 , 小林桂樹 , 丹波哲郎 ,  いしだあゆみまず冒頭、1万メートルはまだしも、10万メートルだって潜れるって、、、このセリフ、原作にあるのかなぁ、、これ、ゼンゼンいらないでしょ? ...  …

「日本沈没 (昭和48年・1973)」

日本沈没小松左京 橋本忍 森谷司郎 東宝 2003-09-25 沈む帝国、焼け...  …

「33年前の日本沈没」

現在絶賛上映中の主草〓剛主演の「日本沈没」では無い。今を去る事33年前、昭和48年に封切られて一大ブームを巻き起こした、元祖「日本沈没」である。昨夜、日本映画専門チャンネルでやっていた。最初「大昔の日本のパニック映画て、そんなん子供騙し...  …

トラックバックURL

http://mrsrobinson.blog107.fc2.com/tb.php/362-a794fc3a

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。